バイアグラジェネリック(シルデナフィル)

バイアグラジェネリック(シルデナフィル

バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリックは発売以降、どんどん処方が増えている人気・評判のED治療薬です。処方価格や購入費用が安く、世界で処方実績のあるバイアグラのジェネリック医薬品が「シルデナフィル錠」です。一般的には「バイアグラジェネリック」と呼ばれています。

*ユナイテッドクリニック大宮院では「バイアグラジェネリック」によるED治療を推奨しています。

バイアグラジェネリックとは

バイアグラの特許権が満了したためにバイアグラジェネリックの処方が承認

バイアグラはファイザー製薬が製造・販売している世界で最初のED治療薬で、シルデナフィルを主成分としており、先発医薬品に分類されます。先発医薬品には特許があるため、特許を出願してからある一定の期間、開発メーカーのファイザー製薬がシルデナフィルを主成分とするバイアグラを独占的に製造・販売することができます。ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、先発医薬品の特許が切れたあとに製造・販売される先発医薬品と同じ成分・効果の医薬品のことを指します。

2014年4月にファイザー製薬が保持していたバイアグラの特許が日本国内で切れたため他のメーカーが厚生労働省の許可を得てED治療薬として正式にシルデナフィルを製造販売することができるようになりました。

ジェネリックは製造コストが安い→処方価格も安い→人気に

新しい薬剤を開発するためには、コストも時間もかかります。ジェネリック医薬品はこの開発にかかるコストを大幅に抑えることができるため、先発医薬品よりも安い価格で処方することが可能になります。ジェネリック医薬品は効能や効果、安全性は先発医薬品とまったく変わらず、その価格はより安価に提供できるため近年では急速に一般の方にも支持され人気や評判が高くなっています。

バイアグラジェネリック発売以降、多くの方がバイアグラからバイアグラジェネリックの服用へ切り替えています。

バイアグラジェネリックの効能・効果

どのメーカーのバイアグラジェネリックも効果は同じ

ユナイテッドクリニック大宮院ではバイアグラジェネリックを取り扱っております。バイアグラジェネリックはPDE-5阻害薬に分類され、陰茎の血管を拡張させ、陰茎の血流を増加させることで勃起を補助する薬剤です。バイアグラジェネリックの種類として東和薬品のOD錠やテバ製薬などのバイアグラジェネリックの複数の製薬メーカーのバイアグラジェネリックの処方・取り扱いをさせていただいております。どの製薬メーカーのバイアグラジェネリックもファイザー社のバイアグラと主成分が同じ「シルデナフィル」を含んだ薬剤ですので効果や副作用・効果時間等に変わりはありません。

バイアグラとバイアグラジェネリックの違いはコーティング剤と価格

バイアグラとバイアグラジェネリックの違いはコーティング剤などが違うだけですので安心して服用してください。バイアグラは青色の菱形の剤型をしていますが、バイアグラジェネリック錠は白、ピンク、青で丸型、菱形など様々で、見た目が違います。違いは錠剤の見た目や価格(値段)です。もちろんバイアグラジェネリックの方が安い価格で処方することができます。ジェネリックはバイアグラの60~70%で処方されることが多いでしょう。

バイアグラジェネリック処方

大宮最安値で処方いたします。

またユナイテッドクリニック大宮院ではバイアグラジェネリックの25mg錠の製剤や50mg錠の製剤等、多くの種類のバイアグラジェネリックを取り扱っているため、重症のEDの方のED治療に、また25mg錠で十分効果が見られる症状の軽いEDの方にもバイアグラジェネリックの処方・治療が可能です。

世界中ではバイアグラ100mgの処方が主流

日本では通常50mgですが、日本以外の世界の国々で100mgで服用しています。。バイアグラは世界で最も処方されているED薬です。そのため100mgまでの有効性・安全性が確立しています。50mgで効果が実感できない、弱いと感じた場合はED治療専門の医師と相談し、100mgで服用している方も多くいらっしゃるようです。

バイアグラジェネリックの飲み方や服用方法

ED治療薬は「空腹時」服用が基本です

バイアグラジェネリックは性行為の1時間前に空腹で服用してください。ED治療薬はすべて「空腹時」が最も効果的です。また食後2時間あけて服用してください。食事をとる際には先にバイアグラジェネリックを服用し、体内に吸収させてから、食事を摂取しましょう。その際はあっさりしたものでお酒はたしなむ程度にしましょう。ED治療薬はすべて脂ものに弱く、効果がでにくくなりますので脂ものは控えてください。

バイアグラジェネリックの副作用

お酒の飲んだ時の症状に似ている

バイアグラジェネリックの副作用はバイアグラと同等です。60%近くの方は副作用の症状は認められません。通常の副作用はアルコール摂取時に似た症状、「火照り」「目の充血」「頭痛」等です。アルコール摂取時と同様、一時的なもので自然軽快しますのでご安心ください。気になるときは対症療法をして頂ければ結構です。

バイアグラジェネリックの禁忌・併用禁忌薬

バイアグラジェネリックの禁忌や併用禁忌薬もバイアグラと同様です。禁忌として主なものは6カ月以内に発症した脳梗塞や心筋梗塞など動脈硬化疾患、併用禁忌薬は狭心症や陳旧性心筋梗塞で服用している、硝酸剤やニトログリセリンなどです。硝酸剤が不要でも処方されているケースもありますので、併用禁忌薬を服用している場合でも一度ED専門クリニックの医師の診察を受けてみることをおすすめいたします。

バイアグラジェネリックのネット通販・個人輸入代行

インターネットでの個人輸入代行で購入すると60%程度に偽物・偽造品が混入する

バイアグラジェネリックなどのED(勃起不全・イーディー)治療薬を処方されるには医師の処方箋で院外の薬局か院内処方でクリニック・病院内で薬を受け取るかのどちらかとなります。国内では日本のED治療薬の通販は禁止されています。また国内の病院・クリニックが診察をしないで医薬品を郵送することも違法となり、処罰されます。

海外製ED治療薬の通販(個人輸入代行)は法で認められていますが、但し錠数の制限があることと、流通の際に偽造品が混入してくることが問題となっています。インターネットでの個人輸入代行で購入すると60%程度に偽物・偽造品が混入すると言われています。

海外製ED治療薬には誤解も多いのですが海外製品が粗悪なのではなく、きちんとした流通経路で正規の薬剤を入手できないことが問題なのです。個人ではきちんとした流通路をもつ輸入代行業者の選別は難しいのが実情です。非常に精巧にできているため見た目での判別は非常に難しいうえに、内服することで深刻な健康被害を引き起こすことがあるため危険です。

ED専門医師の診察でライフスタイルに合ったED薬を適切な用量で服用しましょう。

バイアグラジェネリックを服用しても適切な用量で服用しないといけません。一般の方は自身のEDの程度やライフスタイルに合ったED治療薬やその用量を知ることは難しいと思います。ED専門クリニックを受診してライフスタイルに合ったED治療薬を適切な用量で使用しましょう。性行為の際にバイアグラジェネリックを服用しても効果がなかったら意味がありません。

ユナイテッドクリニック大宮駅前院ではきちんとした流通路をもつ医療機関で医師の診察の後、ご自身に合ったED治療薬の処方を受けることをお勧めいたします。

診療メニュー一覧

診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
048-871-8239
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト